翔デンタルクリニック奈良県生駒市の矯正歯科・審美歯科

ダイレクトボンディング・すきっ歯治療

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディング診療風景

ダイレクトボンディング法とは、審美性の高いハイブリットセラミックを歯に盛り付けていき、天然歯のような色や歯の形を整えていく治療法になります。

前歯の隙間(すきっ歯)を埋める、かけた歯をきれいに修復する、変色した詰め物をきれいにするなど、基本的に1日で治療が可能です。

ダイレクトボンディングの
メリット

1日で治療が可能

他のセラミック治療とは違い、歯型をとる必要がありませんので、むし歯を取り除いた後、その部分に直接ハイブリットセラミックを詰めて修復・研磨していきます。そのため、1日での治療が可能です。

前歯のすき間を埋めることができる

歯の隙間を埋めることができますので、すきっ歯の治療を行うことが可能です。

ほとんど歯を削ることがありません

歯に直接ハイブリットセラミックを盛り付けて行きますので、歯を削る必要がほとんどありません。

自然な色

様々な色のハイブリットセラミックを塗り重ねてきますので、患者様ご自身の歯の色に合わせた自然な色合いに仕上げることができます。

ダイレクトボンディングの
デメリット

大きな欠損の修復は不可能

セラミックと比較をすると、強度は劣るため、大きな欠損の修復には適しません。

1回の治療時間が長い

1日で治療は終わりますが、様々な色のハイブリットセラミックを塗り重ねていくため、治療時間は長くかかる場合があります。

ダイレクトボンディングの
治療費

前歯のすきっ歯など、1箇所4万円とリーズナブルに治療を受けることができます。

無料初診カウンセリングのご予約Counseling Reservation

WEBでのご予約予約フォームへ

お電話でのご予約0120-01-8448